FULCRUM RACING ZERO

昨日インプレ記事(真に受けてはいけない適当記事)を書いたそばからホイール交換です。

去年の2月頃にパナチタンを注文しにショップへ行ったときから言われていたことですが、ULTEGRA WH-6800のホイールのリムが減ってきていて、そろそろ寿命ですよと。昨年5月に雨の中の北関東400を走った後のゴール受付で、ぴかさんにも「リム減りすぎ」と言われてしまい、そろそろ交換だなぁとは思っていたのです。それ以降もなんだかんだで600kmや1000kmのブルベを走っていたし、雨のコンディションも多かったので、いい加減どうにかせんとと思い、ブルベのシーズンオフに入った11月の始めにFULCRUM RACING ZEROを注文し、11月半ばぐらいには手元に到着していたのです。

ただですね、交換がとても面倒臭い。結局交換しないまま、11月、12月で2000kmぐらい走り、そろそろ交換せねばと思っていたところに元旦ブルベで後輪がパンクしてしまったので、ついでにホイール交換だと思って、昨日新しいホイールを準備し、今朝交換して小一時間ほど走ってきました。

R0015843

R0015846

ホイールは当然のことながら、チューブもタイヤもブレーキシューも新品に交換している。

ULTEGRAのホイールからの交換なので、剛性が高いなぁというのは素人の自分でもわかるぐらい。カッチカチという感じ。これがロングライドのときにどういう影響が出るのかわからないけど、感触自体はとても良かった。どちらかというと重量級なので、少しぐらい固いホイールでも問題ないんじゃないかな、ないと信じたいな、と思っている次第です。

乗り込んでいけば感想が変わってくるかもしれないので、何かあればまた今度書くかも。