王道の勝利

f:id:highrise:20170528130445j:plain

藤澤和雄師がついにダービートレーナーになった。

これまで青葉賞からのトライを続けてきた師が、皐月賞から日本ダービーに向かう路線で勝利。やはり王道が強いのだ。一番人気に推された青葉賞馬アドミラブルはいかにもという三着。今年の混戦模様なら青葉賞馬でもあるいはという気がしないでもなかったが、やはり青葉賞馬は青葉賞馬という結果。

そしてなによりペースが遅いと見るや、向こう正面で一気にポジションを押し上げたルメールの騎乗である。ダービージョッキーに相応しい大胆な騎乗だった。セオリーからすると、ありえないほど思い切った騎乗だと思うし、これはさすがにやりすぎではと思ったが、最後まで持たせてしまった。スワーヴリチャードだって完璧な騎乗だったと思うけど、ルメールが神がかっていたとしか言いようがない。アルアインはやや無策だったかなという気もする。上位の馬はやはり騎手も名手が乗っているものだ。

馬券はレイデオロを持っていなかったので完敗。王道路線とはいえ、皐月賞の前に一つ使えなかったのはマイナスだろうという考えから評価を下げてしまった。ついでに目黒記念ではもう一発ルメールがあるのではと思いながら、なぜか馬券はメイショウカドマツを買っており、さらに傷を広げた上で帰途についた。立派なオケラである。ダービーで騎手に感心した後に藤岡兄騎手を買っているようではまだまだである。